酒本発11月号

  • 2013.11.26 Tuesday
  • 18:30
短い秋はあっという間に過ぎ去り、本格的な冬がすぐそこまで来ています。
そんな季節の楽しみと言えは燗酒。燗酒といえば生酛、しかも純米の熟成酒。
今回は、そんな生酛造りで仕込まれたお酒の特集です。

生酛造り・・・・江戸時代の元禄時代に始まった醸造方法。
乳酸菌などの自然の微生物の働きを利用して、添加物を一切使わずに、
醸し出す方法。
独特のコクと切れの良さが特徴。
一般的には燗酒でその魅力がより発揮されます。

■日置桜 生もと純米 雄町 22BY (鳥取県 山根酒造場)                      
個性的な酸と豊潤な旨味。6号酵母を使用。(雄町65%  日本酒度+6)
お一人様一本限り。(数量限定)              1800ml 3,045円

■日置桜 生もと純米 玉栄 23BY(玉栄65%  日本酒度+7.5)  しっかりとした旨味と、燗にしたときの切れのよさ。           1800ml 3,045円

■日置桜 鍛造生もと 山田錦 21BY   
篤農家「内田百種園」の自然農法で栽培された米を原料としている
鍛造シリーズ。                       1800ml 3,150円

■杉錦 生もと純米  (静岡県 杉井酒造)
穏やかで爽やかな香りと、きれいな米の旨味。(静岡県産山田錦60%)                     1800ml 2,730円   720ml 1,470円

■天穏 生もと無ろ過純米  23BY  (島根県 板倉酒造)   
生酛を造って3年目の岡田杜氏の自信作。年々旨くなっています!
(改良雄町70%)                    1800ml 3,150円                   

■大七 生もと純米 山田錦 (福島県 大七酒造)     
生酛といえば大七。山田錦を使った、定番の純米よりワンランク上の味わい。                                     1800ml 3,600円

■竹鶴 生もと純米  19BY 割り水バージョン(広島県 竹鶴酒造) 
石川流生酛を知るには、まずこのお酒から。
                                1800ml 3,990円

※今回、載せた以外にもまだまだあります。詳しくは当店HPもしくはお問い合わせください。

スポンサーサイト

  • 2017.10.03 Tuesday
  • 18:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする